2018.05.29
魚の持ち方!

魚を釣ったら綺麗に撮ってもらいたいですよね

色んな持ち方があるので

自分にあった持ち方でいいと思いますが

少しポイントをご紹介します

参考としてこの前のジギング研修の写真です

魚になるべく手がかからないように

右手は片方のエラを持ち

左手はしっぽの付け根を持ちます

あまりしっぽに寄りすぎると

しっぽがしぼみます

しっぽが少しピンっと上を向いているほうがいいです

左手で頭のほうを持つと反対向きになります

どっちでもいいですが

通常は左に頭が来たほうがしっくりきます

ほんの少しだけ魚を曲げたほうが

丸みが出て魚らしいです

曲げすぎると変なので注意

立て持ちの場合も

手が見えないようにエラを持ち

魚の側面をしっかりと見せてください

立て持ちも横持ちも

程よく前に魚を突き出してください

出しすぎて肘がまっすぐになると

いかにも感が出てしまうので

自然体ぐらいで出してください

よく釣る人は写真の撮られ方も知ってます

皆さんもいい写真撮ってもらってくださいね