2019.04.09
船長ジギングタックル

ジギングタックルも色々あって

どんなタックルを買えばいいかわからない方も多いと思います

その地方に合ったタックルがあるので

他の地方でいいものも丹後では通用しないものもあります

高いから釣れるタックルではなく

ロッド、リール、ジグのバランスが大事です

丹後では120g~200gのジグがメインで

150gぐらいが平均ですので

それに合ったタックルが必要です

ロッドに書いてあるg表示が全てではありません

ロッドの長さや固さ、テーパー、リールの1回転の巻取長などを考えてタックルバランスを考えます

その日の潮や風や水深などによっても左右されるので

どれが正解っていうのはないです

平均的なバランスで組み立てあとはジグで調整したり

シャクリ方で調整してください

どんなに上手でもバランスが悪いと釣れる気がしません

参考までに船長のタックルを紹介しておきます

船長のジギングタックル

タックル①

ロッド:テンリュウディープライダーJDR581S-4K
リール:シマノツインパワー8000PG

PEライン3号300m

150g、200gのジグをメインに仕様

 

 

タックル②

ロッド:テンリュウドラッグフォースJDF621S-2/3
リール:シマノツインパワー8000HG

PEライン2号300m

120g、150gをメインに仕様

セミロングジグやロングジグなども仕様